親知らずを抜きたい | 立川の歯医者 まろ歯科クリニック 立川駅徒歩5分

アクセス・診療時間サイトマップ
立川市 錦町2-3-1 立川駅南口 徒歩5分
まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター TEL:042-512-8241

親知らずを抜きたい

トップページ > 親知らずを抜きたい

親知らずは「余分な歯」というイメージが強く、抜いてしまいたいと思う方も多いことでしょう。
確かに親知らずは、必ずしも必要というわけではない歯ですし、痛み出したら厄介です。
かといって、抜歯するのも痛そうですよね。
そこで、親知らずはどういった場合に抜くべきなのか、また抜歯に伴う痛みなどについても、詳しくご紹介したいと思います。

痛み出したら即抜歯!

親知らず抜歯するきっかけで最も多いのが、痛みです。
親知らずは、色々な理由から痛みを生じさせます。
まず、親知らず自身が虫歯になったり、歯周病になったりした場合です。
普通の歯であれば、歯を削ったり、歯石を除去したりするなどの治療を施します。
けれども、親知らずは元々、虫歯や歯周病にかかりやすい歯であるため、即抜歯してしまうケースが多いと言えます。

隣の歯に迷惑をかけたら抜歯する

親知らずは、例え痛みが無くても、他の歯に悪さをしていることがあります。
レントゲンを撮るとわかるのですが、隣の歯の根っこを溶かしていることがあるのです。
これは、親知らずの生え方が斜めであったりするためです。
こういったケースでも、親知らずは抜歯してしまいます。

細菌感染を起こしたら抜歯する

親知らずは「智歯周囲炎」という独特な病気を引き起こします。
これは、親知らずの周りが細菌感染を起こし、腫れや痛みを生じさせる病気です。
親知らずは不潔になりやすい歯ですから、周囲の歯茎なども細菌に感染しやすくなります。
こういった病気を起こした場合も、親知らずは即抜歯すべきであると言えます。

親知らずの抜歯について

以上のようなケースに当てはまる場合は、親知らずの抜歯を行います。
抜歯処置は、局所麻酔が効いていますので、痛みはそれほど感じません。
また、抜歯後も処方された抗炎症薬や鎮痛薬などを服用すれば、それほど痛むことはないでしょう。
ただし、顎が腫れたり、ある程度の痛みを感じることはあります。
ちなみに、上記のようなケースに該当せず、正常に生えている親知らずであれば、抜く必要はありません。
人によっては、親知らずが噛み合わせに参加している場合もあるのです。
また、親知らずというのは、将来的にブリッジの土台として使用することも可能なのです。
それだけではなく、歯を失った際に、親知らずを移植することもできます。
このように、場合によっては親知らずをそのまま残した方が良いケースもあるのです。


関連ページ>>

ページの先頭へ

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター
東京都立川市錦町2-3-1

立川駅 南口 徒歩5分

まろ歯科クリニック

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター:診療時間