噛み合わせが気になる | 立川の歯医者 まろ歯科クリニック 立川駅徒歩5分

アクセス・診療時間サイトマップ
立川市 錦町2-3-1 立川駅南口 徒歩5分
まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター TEL:042-512-8241

噛み合わせが気になる

トップページ > 噛み合わせが気になる

ものを噛んだ時に、違和感を感じることがあるかもしれません。
それは、上の歯と下の歯が、きちんと噛み合っていないために起こる場合が多いです。
そうした「噛み合わせの悪さ」というは、どういったことから生じるのでしょうか。

歯が摩耗しているケース

開けた口

私たちの歯は、使い続けることによって、どんどんと摩耗していきます。
いくら人体で最も硬い組織とはいえ、硬いもの同士を接触させると、削れてしまうのです。
ですから、数年間で1mmほど、摩耗してしまう人もいます。


これが歯の色々な部分で起こると、全体の噛み合わせが悪くなっていきます。
その結果、噛んだ時の違和感へとつながっていくのです。
具体的には、上下の顎が詰まった状態となっており、これを放置すると、顎関節症や偏頭痛を引き起こす原因ともなります。
そこで行われるのが「咬合挙上治療」です。
歯の摩耗によって、下がってしまった上下の顎を上に挙げる治療のこと指します。
「咬合挙上治療」では、基本的に義歯(入れ歯)を入れることで対応します。 入れ歯には、取り外し可能なものや不可能なもの、それから磁石を用いて取りつけるものなど、様々なものが用意されています。

顎の関節に異常が生じている

噛み合わせに違和感を感じても、その原因が必ずしも歯だけにあるとは限りません。
上と下の歯を動かしているのは、その周りの筋肉であり、顎の関節なのです。
これらに異常が生じることで、噛み合わせに違和感を感じることがあります。
代表的なものに「顎関節症」があります。
顎関節症は、顎の筋肉や骨などに異常が生じることによって発症します。
その結果、関節の先にある歯列にまで悪影響を及ぼすのです。


顎関節症はとても複雑な病気なので、とりあえず症状を抑えるための治療が行われます。
いわゆる対症療法と呼ばれるものです。
夜、眠っている時などにマウスピースをはめて、関節の症状を和らげていきます。
乱れた噛み合わせを根本的に治すには、歯を削ったり、義歯を装着するしかありません。

咬合性外傷が原因のケース

咬合性外傷は、歯の摩耗に似ています。
ものを噛むことによって、歯が擦れたり、傷ついたり、時には欠けたりすることがあります。
それだけではなく、歯茎や歯槽骨にまでダメージを与えることがあります。
その結果、噛み合わせに異常が生じてくるのです。


こうした咬合性外傷は、顎関節症と同じように、マウスピースで治療を行うことが多いです。
このように、噛み合わせが気になった場合は、そこに色々な原因が潜んでいると考えられます。
ですのでまずは、歯医者さんにきちんと診てもらいましょう。

ページの先頭へ

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター
東京都立川市錦町2-3-1

立川駅 南口 徒歩5分

まろ歯科クリニック

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター:診療時間