入れ歯の調子が悪い | 立川の歯医者 まろ歯科クリニック 立川駅徒歩5分

アクセス・診療時間サイトマップ
立川市 錦町2-3-1 立川駅南口 徒歩5分
まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター TEL:042-512-8241

入れ歯の調子が悪い

トップページ > 入れ歯の調子が悪い

入れ歯というのは、一度作成したら、一生同じものを使えるというわけではありません
なぜなら、お口の中の状態は絶えず変化しており、入れ歯自体も、少しずつ劣化していくためです。
ですので「入れ歯の調子が悪い」と感じたら、まずはかかりつけ医に診てもらいましょう。

歯が擦り減って入れ歯が噛み合わなくなる

入れ歯

私たちの歯、とても硬い組織であるエナメル質で覆われています。
ですから、虫歯にでもならない限り、そう簡単には壊れません。
けれども、数年から数十年という長いスパンでは、少しずつ擦り減っていくのです。
例えば、5年前に作った入れ歯について考えてみましょう。
作成当時は、ぴったりはまっていた入れ歯も、5年経ったら、ある程度歯が擦り減ってしまっているので、きちんと噛み合わなくなるのです。
すると、「入れ歯の調子が悪い」という違和感へとつながっていくのです。


ちなみに、お口の中では、歯以外にも色々な部分に変化が現れてきます。
歯茎は、年齢を重ねるごとに下がってきますし、歯を支えている歯槽骨も、年々、少なくなってきます。
そうしてお口全体が老化していくのに伴って、入れ歯の不調和が生まれるのです。
こういったケースでは、入れ歯を部分的に調整するか、新しいものに作り変えるという治療法があります。
入れ歯を部分的に調整する方法を「義歯調整」と呼び、噛み合って歯を削ったり、盛り足したりします。
あるいは、歯茎に当たる部分を調整することもあります。
新しく作り変える場合は、お口の型を取る所から始め、一から入れ歯を作成していきます。

入れ歯に問題があるケース

お口の中は正常で、入れ歯自体に異常があり、「入れ歯の調子が悪い」と感じる場合があります。
例えば、入れ歯に並べられた人工歯の高さが適切ではなくて、患者さんの歯と、きちんと噛み合っていないことがあります。
すると、異物感のようなものを感じて、調子が悪いと思うようになるのです。
あるいは、入れ歯の歯茎と接する部分やクラスプと呼ばれる金属のパーツなどが破損していることもあります。
入れ歯にそういった異常が生じると、お口の中できちんと機能しなくなり、とても危険であると言えます。
なぜなら、壊れた入れ歯は、歯や歯茎、それから歯槽骨へ不必要なダメージを与えるからです。


壊れた入れ歯を無理に使い続けると、患者さん自身の歯が欠けたり、歯茎が下がったりしてしまいます。
ですので、入れ歯に異常を感じたら、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
基本的には、入れ歯の修理という形で、不具合が生じている部分を直してくれます。
破損の度合いが多ければ、入れ歯を作り直すこともあります。
ともあれ、「入れ歯の調子」が悪いと感じたら、早目に対応していきましょう。


関連ページ>>

ページの先頭へ

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター
東京都立川市錦町2-3-1

立川駅 南口 徒歩5分

まろ歯科クリニック

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター:診療時間