歯並びが気になる | 立川の歯医者 まろ歯科クリニック 立川駅徒歩5分

アクセス・診療時間サイトマップ
立川市 錦町2-3-1 立川駅南口 徒歩5分
まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター TEL:042-512-8241

歯並びが気になる

トップページ > 歯並びが気になる

日本人の顎は、西洋人に比べて、小さい傾向にあります。
そのため、歯並びが乱れることが多く、それに悩む人も少なくありません。
では、歯並びの悪さには、どんなパターンがあるのでしょうか。

乱ぐい歯や八重歯が原因の場合

矯正装置

乱ぐい歯や八重歯は、日本人に多い、歯列不正のタイプです。
乱ぐい歯は、歯一本一本が異なる方向に向かって生えています。
八重歯は、犬歯と呼ばれる歯が外側に飛び出してしまっている状態のものです。


こういった歯並びの悪さは、一般的なワイヤー矯正で治療することができます。
ワイヤー矯正とは、金属製のワイヤーとプラスチック製のブラケットを装着することで、歯を動かしていく治療法です。

前歯が前方に飛び出ている場合

前歯が前に飛び出している歯列不正を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。
通称、出っ歯と呼ばれるものですね。
出っ歯だと、あまり見た目も良くありませんし、口の中が乾燥しやすいため、虫歯や歯周病を誘発する傾向が強いです。
こういったケースでは、小臼歯などを抜歯して、歯が移動できるスペースを確保することが多いです。
抜歯するのは、健康な歯ですけれども、このままでは前方に突き出た前歯を移動するスペースが足りないため、必要不可欠な処置と言えます。
スペースが確保されたら、通常のワイヤー矯正等を行っていきます。

下の顎が前方に飛び出ている場合

下の顎が前方に突出している歯列不正を、下顎前突(かがくぜんとつ)と言います。
一般的には、受け口と呼ばれているものです。
こちらも、「顎がしゃくれている」と表現されているように、見た目があまり良くありません。
対処法としては、上顎前突と同様、小臼歯等を抜歯、スペースを確保します。
その後、ワイヤー矯正で歯を少しずつ移動していきます。
あるいは、歯の角度を変えることで、前方への突出を目立たなくさせる治療も行われることがあります。

上下の歯列に隙間がある場合

正常な歯列であれば、ものを噛んだ時に、上下の歯列が噛み合い、隙間が生じることはありません。
けれども、患者さんの中には、きちんと噛みこんでも、前歯の付近に隙間が生じてしまうケースがあります。
これを開咬(かいこう)と呼んでいます。
開咬と呼ばれる歯列不正があると、ものを食べた時に、奥歯だけで噛み切ることとなってしまいます。
前歯には、隙間が出来てしまっているので、ものを噛み切ることができないのです その結果、奥歯にばかり負担がかかり、顎の関節にも異常が現れてきます。


また、前歯の部分に隙間があることで、しゃべる時にもきちんと発音することができない場合もあるのです。
ですので、ワイヤー矯正によって、全体的な歯列の改善が必要になってきます。


このように、歯並びの悪さである「歯列不正」には、様々な種類がありますが、矯正歯科では、それぞれに応じた治療法を用意しています。

ページの先頭へ

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター
東京都立川市錦町2-3-1

立川駅 南口 徒歩5分

まろ歯科クリニック

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター:診療時間