根管治療 | 立川の歯医者 まろ歯科クリニック 立川駅徒歩5分

アクセス・診療時間サイトマップ
立川市 錦町2-3-1 立川駅南口 徒歩5分
まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター TEL:042-512-8241

根管治療

トップページ > 根管治療

歯医者さんの虫歯治療には、根管治療(こんかんちりょう)というものがあります。
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、虫歯を治す上ではとても大切な方法なので、詳しくご紹介したいと思います。

根管って何のこと?

根管治療の根管(こんかん)とは、歯の根っこに存在している空洞を指しています。
その空洞には、歯の神経や血管が入っているため、歯にとってもっとも重要な部分であると言えるのです。
虫歯が進行すると、エナメル質と象牙質を溶かし、ついにはこの根管にまで虫歯菌が侵入してきます。
すると、ものすごく強い痛みを感じるようになり、居ても立ってもいられなくなることでしょう。
そこで行われるのが根管治療です。

根管治療とは?

根管治療とは、簡単に言うと、根管の中をお掃除することです。
根管にまで侵入してきた虫歯菌を排除することが目的となります。
そのためには、根管の中に収まっている歯の神経や血管を全て取り除かなければなりません。
もし神経を取り残してしまうと、そこからまた虫歯菌が活性化して、今度は歯槽骨や体の他の部位にまで病気を広げてしまうのです。
その際用いられるのが、ファイルと呼ばれる針金のような道具です。
このファイルを使って、根管の中をお掃除していきます。
根管というのは、人それぞれ形が異なり、本数まで違っているため、綺麗にお掃除するのはとても大変なことです。
そうして根管が綺麗になったら、お薬を挿入しやすいような形態に整えていきます。
根管に挿入するお薬は、ガッタパーチャポイントと呼ばれるもので、細い棒状のゴム製品です。
これを根管に入れておくことで、再び細菌が増殖していくのを防ぎます。
最後に、レントゲン撮影を行って、ガッタパーチャポイントがきちんと入り込んでいるかをチェックします。

どういった時に根管治療を行うのか?

通常の虫歯治療では、歯を削り、詰め物や被せ物をして終わります。
これは、虫歯菌がエナメル質や象牙質に留まっているからです。
虫歯菌が歯髄腔(しずいくう)にまで進んでしまうと、既に歯の神経や血管は汚染されてしまっています。
歯髄腔は根管の上に存在している空洞で、根管とは直接通じています。
ですから、歯髄腔に虫歯菌が到達した時点で、根管の神経も取り除く必要が出てくるのです。
このように根管治療とは、象牙質を越えて重症化した虫歯に対する治療法であると言えます。

ページの先頭へ

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター
東京都立川市錦町2-3-1

立川駅 南口 徒歩5分

まろ歯科クリニック

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター:診療時間