歯ぐきから血が出る | 立川の歯医者 まろ歯科クリニック 立川駅徒歩5分

アクセス・診療時間サイトマップ
立川市 錦町2-3-1 立川駅南口 徒歩5分
まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター TEL:042-512-8241

歯ぐきから血が出る

トップページ > 歯ぐきから血が出る

歯磨きをした後に、歯茎から血が出たことはありませんか?
お口の中で出血が起こると、不安に感じるものですよね。
そこで、歯茎から血が出る理由について、詳しくご紹介したいと思います。

出血の原因は歯周病

歯の検査

歯茎からの出血で、最も一般的な原因は歯周病です。
歯周病には、歯肉炎と歯周炎という2つの種類がありますが、いずれにせよ、歯茎の出血を伴うことが多いです。
ではなぜ、歯周病にかかると、歯茎から出血するのでしょうか。
それは、歯茎が細菌に感染し、炎症を起こしているからです。
炎症を起こした歯茎は、赤く腫れ、そこには血液や組織液が沢山集まるようになるのです。
ですから、健康な歯茎よりも軟らかくなり、舌で触るとブヨブヨといった感触を覚えます。
ここに、歯ブラシの毛先などが当たると、容易に出血を起こしてしまうのです。
こうした歯茎の出血を改善するには、まず何より、歯周病の治療を行う必要があります。

歯周病の治療法について

先ほど述べたように、歯周病は細菌に感染することにより発症します。
ですから、歯茎で増殖した細菌を抗菌薬で死滅させていくこととなります。
また、抗炎症薬や鎮痛薬を服用して、腫れや痛みなどの症状を改善します。
そして何より、根本的な原因となっている、歯に付着した歯石を取り除く必要があります。
これはSRP(エスアールピー)と呼ばれる処置で、スケーラーという道具を用いて、歯石をガリガリと落としていきます。
そうして歯の表面が滑沢になると、細菌が住む場所もなくなるため、徐々に歯周病の症状が抑えられていくのです。
ただし、歯茎の腫れは、すぐに治まることはありません。
ですので、歯周病の治療を受けてからしばらくは、歯茎の出血も続くものとお考えください。

間違ったブラッシングを行っている場合

歯磨きは毎日行うものですが、磨き方が間違っていると、歯や歯茎に多大なダメージを与えてしまいます。
その結果として、歯茎から出血することもあります。
具体的には、「かため」の歯ブラシで、歯茎をゴシゴシと力強く磨いてしまっている場合です。
あるいは、ブラッシング方法自体が不適切で、歯茎を傷つけるようなケアを行っていても、歯茎から出血することがあり得ます。
そうした出血を防ぐには、歯医者さんの「ブラッシング指導」で受けたアドバイスを実践しましょう。
ブラッシング指導では、個々人に合ったブラッシングの方法から、歯ブラシの正しい選び方など、事細かに助言してくれることと思います。
それを実践することで、歯や歯茎に対する正しいケアを実現することができるはずです。

ページの先頭へ

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター
東京都立川市錦町2-3-1

立川駅 南口 徒歩5分

まろ歯科クリニック

まろ歯科クリニック MAROインプラントセンター:診療時間